アカルボースの副作用「飲み始めにお腹の調子が悪くなる」

必ずと行っていいほど作用の強い薬がアレば副作用もあります。そこら辺はある程度理解した上で使うことが重要かもしれませんね。

アカルボースを服用して生じるかもしれない副作用には、飲み始めた時にお腹の調子が悪くなるということがあります。

糖尿病の治療薬やダイエット目的など幅広く用いられるアカルボースですが、医薬品であるため起こり得る副作用の症状について知っておくと良いですね。

アカルボースは糖の吸収を抑制し、血糖値の上昇を抑えるため糖尿病を患う方に処方されることがあります。

アカルボースを服用すると、αグルコシダーゼという酵素の働きが抑制されます。

αグルコシダーゼは、体内に入った炭水化物や糖分をブドウ糖に分解する役割があります。

アカルボースの服用によってαグルコシダーゼの働きが抑えられると、体内に糖が吸収されるスピードが遅くなります。

腸が糖を吸収するのを遅くさせる比較的穏やかな作用を持つアカルボースは、副作用も少ないといわれています。しかし、使用量を守らずに、大量に使えば当然のように副作用は起こります。

しかし副作用については個人差があり、人により症状が重くなることもあるため油断はできません。

アカルボースによって起こり得る副作用には、お腹の調子が悪くなってしまうことがあります。

特に飲み始めは、お腹がゆるくなるなど軟便になることがあります。

さらにお腹にガスが溜まるなど張る感じがあり、おならが出やすくなることもあるようです。

アカルボースによってαグルコシダーゼの働きが抑制され、腸が糖を吸収し分解するのがゆっくりになると、腸内に糖が溜まる時間が長くなります。

αグルコシダーゼが糖を分解しないでいると、腸内細菌が糖を分解するよう働き始め、その結果ガスが発生しおならが出やすくなるのです。

腸内細菌が発生させるガスにより、お腹の張りやおならが増えるという副作用が出るかもしれません。

他にもアカルボースの副作用の症状としては次のようなものがあります。

例えば、吐き気や倦怠感、食欲の低下やかゆみなどの症状です。

また、他の糖尿病の薬を服用しているなら注意が必要です。

アカルボースとの併用によって低血糖になり、ひどい場合には意識を失うことがあるかもしれません。

血糖値が下がってくると手足のふるえなどの症状が出てきますので、その場合にはブドウ糖を摂取するのが良いでしょう。

ただアカルボースは効果が比較的穏やかな薬ですので、この薬のみの服用で低血糖になることはまれです。

他の薬と併用しているなら、低血糖の副作用もあるということを覚えておきましょう。

アカルボースは副作用の少ない医薬品といわれています。

仮に重い副作用の症状が表れたならすぐに医療機関を受診しましょう。あくまでも病院ではアカルボースはダイエットの薬として処方していないので理解した上での通院となります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする