アカルボースの服用方法

まぁ一般的に、薬を服用するときは、水と一緒に飲み込むこと。

ただし、私はアカルボースはダイエット医薬品として使っているので、食事のメニューによって、服用するときもあれば、服用しない時もあります。

脂質の原因の一つとして、ラーメンやうどん、白米などの精製された炭水化物や糖分を摂取すると、血糖値が急激に上昇、すると急激に上昇した血糖値を下げるために、膵臓からインスリンというホルモンが分泌されます。インスリンによって血糖値は下げられますが、このインスリンというホルモンには脂肪を溜め込む働き、これが要因で、お腹まわりに脂質が付着し、体重が増えてしまうわけです。

そのために、アカルボースを食前に服用します。
ここで一つポイントなんですが、アカルボースを服用するときは、食前の10分以内に行うこと。
これは空腹をできるだけ避けるためです。空腹の段階で、薬を服用すると、どうしても胃粘膜が傷みやすいために、副作用が起こりやすくなる。

それから、食後に服用すると、食べ物の栄養分とアカルボースの栄養分が結合する恐れがあり、求めている効果を最大限に表すことができなくなる。そんなことで、できるだけ食前10位内を心がけること。

あと、私は炭水化物が多い料理の時にだけ服用します。
たとえば、「ラーメン、パン、パスタ、チョコレート、ジャガイモ」など。

毎日のようにアカルボースを服用していたら、副作用を受ける可能性があるために、ある程度は意識しています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする