おならの原因は空気の量

お腹が張る、ごろごろなる、人前でおならが出てしまいそう・・・。
”ぷ~”

おなら自体は誰に迷惑をかけることではないのですが、日本ではおならを振ると恥ずかしいといイメージが定着しています。
このおならのガスはなぜたまるのでしょうか?

ガスの殆どは口から飲み込んだ空気が原因とされています。
普段はそこまで意識をすることはないと思いますが、私たちは飲食を通して気づかない内に多くの空気を飲み込んでいます。

例えば100mlの水を飲んだ時に、その倍近い空気200mlを位に入り込むことがわかっています。
まぁ、この空気があるからこそ私たちは行きていけるのですが、空気が原因で人間からガスがでるわけです。

位に入った空気の一部はゲップとして外にでるのですが、残ったものは下校し手帳のガスになる。飲み込んだ空気の薬8割は窒素となり、これは窒素などと違って体内で消えて亡くならないため、腸内ガスになっておならとして外へ出ます。

要するに、飲み込む空気の量が多いほど、ゲップやお腹にたまるガスも増える。
基本的に、一日に水分は2リットル以上吸収することが大事と言われているために、空気はたくさん体内に吸収するために、約10~20回ほどのガスが出ると言われています。

なおかつ、食事の仕方でも空気を吸い込みやすいと言われています。

たとえば、早食いなどでも飲み込む量は増える。不安が強くなり、ストレスも感じやすい人は無意識のうちにたくさんの空気を飲み込んでいるために、それだおならの回数が出ます。

簡単に言うと、おならが”ぷ~ぷ~”と出ること自体は悪いことではありません。
ただし、ご飯の食べ方が悪かったり、あとは不安が強かったり、ストレスを感じたりすると、空気を吸い込む回数が増える多面い、どうしてもおならが増えてしまいます。

別段、おならのことは意識することはありませんが、食事作法やストレスや不安が過剰な場合は、それなりの対応策は取らなくてはいけませんね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする