ストレスや腹痛「過敏性腸症候群」になりやすい

普段はお腹に対して違和感を感じていなかったのに、急に腹痛に襲われたり、下痢や便秘を繰り返している・・・。

これって何が原因なのか?

実は、この症状に悩む人は過敏性症候群が関係しているのかもしれません。
かぎんせい症候群は、ストレスや胃腸炎の感染がキッカケに発症することが多く、超自体が敏感になっていると言われています。

今までは痛みもなかったのに、急にチクチクとするような痛みを感じ、下痢やおならの回数が増えると言われています。

ガスが溜まってもく節糸訴える人も多く、突然お腹が痛くなって、食欲急激に減るといった悩みが起こります。精神的にも不安や要うつが強くなりやすいために、長時間に渡り症状が起こった場合は、病院の心療内科などで受診をすること。

痛みを感じた時に、鎮痛薬などを服用する人がいますが、たしかに痛みや下痢をやわらげる効果はあるかもしれません。しかし、根本的な原因は改善しないために、気になった病院で診てもらうことが重要になると思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする