潜在意識を消し、自己暗示を高めること

食べたいという意欲が強すぎることで、必要以上に食欲が湧いてしまい、食べ過ぎることで太ってしまいます。この意欲さえ抑えることができれば、太る部分を最低限は抑えることに繋がるはずです。

自分が心地いいと感じる行動や考え方を少しでも良いので変えていけばいいわけであり、ドーパミン神経、である報酬系と呼ばれている脳の借りろ、この部分に対して、どのようなイメージングを与えて置けるのかがまず第一条だんだと思います。

行動と快感をマッチングさせて、ご褒美を目当てにしてやる気を意欲を作り出すことが重要になります。どこかで、自分の頭のなかで、途中で諦めたりとか、甘い言葉を自分に言い聞かせていたら、すぐに諦めてしまうと思います。ほんのちょっとした考え方だと思いますが、このようなこともどれだけ自分が自分に対して言い聞かせられるのかだと思いますね。

どこかで潜在意識の能力が強くなると、途中で諦めてしまう自分がいると思います。たとえば、少しくらい甘いモノを食べても太らない、お肉を食べているのはみんな同じだから食べても大丈夫だと自分に言い聞かせてしまい、どんどんと食べてしまうわけです。

自己暗示をかけて、私は食べない、絶対に食べないと言い聞かせることで、周りの情報を遮断することが出来るはずです。ほんのちょっとしたことなんですが、このようなことを毎日のように行うことで、少しずつですが、自分のものに出来るはずです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする