糖質の高い食事、低い食事を選ぶときの注意点

ダイエットや体のことを考えて食事の管理を行っても、目の前に大好きな食物が並んでいると、どうしても食べたくなるのが人間だとは思うのです。ただし、余り我慢をすると、ストレスが溜まり、これが原因で、ガッツリ食べてしまい、糖尿病に関係することもわかっています。ほんの些細なことだと思いますが食事管理について、ある程度は知識を得ることも重要になるかと思います。

例えば、おかずやツマミの食材は、肉、魚介、大豆製品、卵などタンパク質がメインだと思いますが、シンプルに、塩、コショウや醤油の味付けで焼く、炒めるムスの調理法のものがオススメだと言われています。

ハンバーグはデミグラスソースやトマトソースなどこってりしたソースは避けて、おろしポン酢などでさっぱりが良いのですがこって入り好きな方はチーズが良いでしょう。カロリーは高くなりますが、糖質は控えるように。

ほんのちょっとしたことなんですが、食事の中でもかなり差が出ているために、目の前に並んでいる食事をどうケアしているのかでかなり変わると思います。

それから糖質のない肉は置かず、おつまみにオススメでカロリーのことも考えし脂肪分の少ない部位を大きくカットして噛みごたえを感じるようにすると満足感が高まります。食感んお弱いひき肉は満腹考えにくいために、ヘルシーなイメージがある野菜の煮物や砂糖や味醂を使って甘い味付けのものを食べてもいいと思います。

ただし、食べすぎることで、糖尿病以外に、体重が増えてしまうおそれがあるために、シッカリとした食事管理が必要になります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする