アカルボースは糖質制限より低インシュリンダイエットに向き

アカルボースは血糖値の上昇を抑える低インシュリンダイエットに向いています。

というかインシュリンダイエットとはなんだろうかと思う人もいると思います。

最近では糖質やカロリーを制限するよりも、血糖値を上げる食べ物を制限するダイエットに注目が集まってきています。

アカルボースを服用すると血糖値が上がりにくくなるので、脂肪がつきにくい体質に改善される効果が期待できます。

低インシュリンダイエットは、ただ単にカロリーを制限するダイエット方法とは異なります。

炭水化物など食事を通して摂取する糖分を抑え、血糖値を上げないようにするのが低インシュリンダイエットです。

カロリーを制限するダイエットは、体力が低下したり筋肉が落ちてしまうなどのデメリットがあります。良いこともアレば必ずデメリットも有るために、必ず理解した上で利用することが1つ大切になるはずです。

リバウンドもしやすくなり、長い目で見るとおすすめできるダイエット方法ではありません。

低インシュリンダイエットは食事制限ではなく、インシュリンの分泌を抑えて脂肪が作られにくくする食事をする方法です。

インシュリンを低く抑える食事をすることがポイントになります。

インシュリンが低く抑えられるとなぜ太りにくくなるのでしょうか?
私たちの体は食後に血液中の糖分の量が増えると、インシュリンという物質が分泌されて糖分が各細胞に運ばれます。

この時にインシュリンが多く分泌されると、余分な糖分が体内に溜まり、それが脂肪に変えられてしまうのです。

つまり血糖値が上がるとインシュリンの分泌量も増え、それだけ太りやすくなってしまうのですね。

血糖値の上昇を抑えることが必要になってきますが、医薬品アカルボースは特に食後の糖質の吸収を緩やかにし、血糖値を上げにくくする効果があるとされています。

アカルボースは、炭水化物や糖質を摂取しても糖分の吸収を抑えてくれる働きがあります。

糖分が脂肪に変わる働きも阻害してくれるので、結果として太りにくい体質に改善されていきます。

炭水化物はご飯やパン、イモ類に多く含まれていますが、アカルボースを服用するならそうした食品を取っても太りにくくなるわけですね。

そうはいっても低インシュリンダイエットをしている方は、きっと炭水化物の摂取量にも気をつけていることでしょう。

アカルボースの服用と併用して低インシュリンダイエットをするなら、さらなるダイエット作用が期待できますね。ただし、アカルボースの薬を沢山服用すれば、それだけ働きが活発になるわけではありません。

使用量をしっかりと守ることが重要です。

低インシュリンダイエットはカロリー制限をするより効果的に痩せられそうですね。

アカルボースを上手に併用していくなら、血糖値の上昇が抑えられ脂肪のつきにくい体質になることでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする